包丁の片刃と両刃の違いと選び方!

出刃包丁の手入れはどうするの?

出刃包丁の手入れについて

包丁の片刃と両刃の違いと選び方!
包丁にとって一番大切な事は切れ味です。この切れ味と言うのは、包丁を購入して来た時は良くても、使っている内に切れ味と言う物は悪くなります。これは定期的なメンテナンスや、日々の手入れを怠る事で切れ味は悪くなっていきます。
三徳包丁などの場合は、ステンレス製になっていますので包丁が錆びると言う事は有りません。
しかし、出刃包丁は鋼製ですので、手入れを怠る事で錆び付いてしまうことになるわけです。
普通の家庭などで、出刃包丁を所有していても、三徳包丁と比べると、出番は少ないため、1度使ってから次に使うまでの間に錆びてしまう事もあります。
ところで、出刃包丁と言うのは、肉厚が厚いのが特徴です。しかし、この出刃包丁を使う事で魚をさばき、切り身を作り出す事が出来るのです。また、出刃包丁を使う事で、魚の頭を落と事が容易になりますし、骨までも切る事が出来るのです。
普通の包丁を使って骨を切ろうとすれば、包丁の刃部分が薄い事もあり、刃がボロボロになります。
しかし、出刃の場合は厚みがありますので、硬い骨までも切り込む事が出来るのです。
しかしながら、どんなに万能である出刃も、手入れを怠り、切れ味が悪くなる事で、魚をさばき難くしてしまいますし、無理矢理切れ味が悪い包丁で魚をおろせば、刺身の断面組織部分が破壊されてしまい、魚の生臭さが出て来てしまいます。折角購入した新鮮な魚も、包丁の切れ味により変るため、出刃包丁にとって切れ味は重要な要素を持つのです。因みに、料理をする際にはまな板を利用して行うわけですが、このまな板の材質によっても包丁の切れ味が変ると言います。ガラス製、大理石製のカッティングボードなどで作られたまな板は、包丁を使う際に、刃先部分が摩擦により刃の傷みが早く訪れると言います。
しなしながら、定期的な研磨や使い終わった後の手入れは重要であり、包丁を綺麗に洗ってから、布などにクレンザーなどの研磨剤を少量つけてから、包丁を研ぐように磨き、最後に水洗いをしてから乾いた布を使って水気を取り去り保管を行う事が大切なのです。”